Claiborne&Churchill Vintners - Edna Valley AVA, California

ゲヴェルツトラミネール リースリング エーデルズヴィッカー

Claiborne & Churchill Vintnersはカリフォルニア州エドナバレー中心部にある
1981年にクレイ氏とチャーチル夫人によって創設された家族経営のワイナリーである。
フランス・アルザス地方の白ワインをモデルにしたフルーティーかつドライな仕上がりのゲヴェルツトラミネールとリースリングをセントラルコーストにて生産を始めた。1983年には僅か600ケース弱の生産量であったが現在では10,000ケースを生産するまで大きくなっている。

同ワイナリーでは、伝統的なヨーロッパ手法の醸造を行い、彼らの哲学であるブドウの潜在的なポテンシャルを引き出すことにより、良いワインが造られると考えており、白ワインにおいても樽にて熟成、発酵においても自然酵母による自然発酵を行い、最低限の亜硫酸塩を使用して生産している。葡萄本来の力を十分に引き出したワインを是非ご賞味下さい。

 

現在、同ワイナリーではCoby Parker Garcia氏が醸造を行っている。彼は、カリフォルニア州サンルイス・オビスポ出身の純粋なカリフォルニアンである。 幼少の頃から農業に興味を持っておりヨーロッパやサウス・アフリカに旅行で滞在していた際に出会ったワイン畑に情熱を感じワイン・メイキングこそ自分の天職と感じワイン醸造家を志す。Coby氏はカリフォルニアに戻りCal Poly State University, San Luis Obispoでワイン醸造の専攻を取る傍ら、様々なワイナリーで生きた醸造の学びことにより一層彼のワインにかける思いを大きくさせた。

2004年から同ワイナリーにてクレイ氏の指導のもと伝統的なヨーロッパ手法の葡萄栽培と醸造を学んだ。葡萄とワインの巧妙な取扱いを習得し2007年には醸造家として同ワイナリーにおいて全ての醸造を取り仕切っている。現在、彼は多数のワイナリーを取り仕切っている。

 

Copyright©2012-2013 ERTs Co.,Ltd All Rights Reserved